日蓮宗最高位の戒名・院居士・院大姉

おすすめ

日蓮宗最高位の戒名を授与

よほどの家にしか授かることはない日蓮宗最高位の戒名(法号)ですが、お坊さんを派遣している僧侶手配サービスでは問い合わせがあるようですのでご紹介します。生前に自分の戒名が欲しい方もけっこうお見えのようです。信仰が厚く社会に貢献されている方でしょうから最後まできちんとされることをお考えのようです。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

法事で足がジンジン

"法事があるといつも足がジンジンします。 子宮筋腫で縦に13センチお腹を切ってから なおさら足がしびれるようになりました。 いつも中央あたりに座ることが多いので 順番もみんなの半分ぐらいたったころです。 後ろで足を重ねるといいと聞いたことがあり やっているのですが、だんだん足の感覚がなくなって いくのです。 そしてジンジンして、足をくずしてみたり 上に重ねた足を下にしてみたりして かっこ悪いんです >>法事で足がジンジンの詳細を確認する

納骨の時期について

"宗派などによって、色々とやり方や時期の違いがあると聞いた事がありますが、基本的には余りにも長く時が経ちすぎない時期であれば、定められたものは無いようです。 私の祖母が亡くなった時は、一周忌の法要の時、そのままの流れでお骨をお墓へ持って行き、納骨をしてもらいました。住職に納骨の時期を相談したところ、遺族の記念日とか、ご命日に合わせても良いし、少しずれても構わない、でも納骨の時には皆さん是非お集まり >>納骨の時期についての詳細を確認する

「四十九日法要で納骨」が仏式では常識ですが、私の母の納骨はその2日前でした

"神道やキリスト教などのしきたりはわかりませんが、現在の日本でもっとも多い仏式では、納骨は「四十九日法要」と同時に行うのが一般的でしょう。 「四十九日」とは、故人が亡くなってから49日目に行う法要です。注意しなければいけないのは、亡くなったその日を「1日目」として数えること。つまり、亡くなったその日が第1日目。そこから数えて満48日経った日が「四十九日」に当たるわけです。 現在の日本の仏教では、そ >>「四十九日法要で納骨」が仏式では常識ですが、私の母の納骨はその2日前でしたの詳細を確認する

納骨は四十九日を過ぎてから

"最近、父方の祖母の一周忌を迎えた我が家では、納骨というものは、葬儀が終わってから四十九日後に行うものであると決まっていました。では四十九日前は一体どうしていたのかというと、実は骨壺を自宅に奉っていました。 仏壇がある部屋に、専用の祭壇場をレンタルですが設置してもらい、骨壺に集めた骨を風呂敷に包んで祭壇の一番上の段に安置し、その下に果物やお供え物を捧げて、昼は風通しを良くして、暑くなるなら扇風機を >>納骨は四十九日を過ぎてからの詳細を確認する

納骨のタイミングについて

"ご家族が亡くなったときに、みなさんはどのようなタイミンクで納骨を行っていらっしゃいますか?四十九日のときに納骨していらっしゃいますか?それとも、一周忌のときでしょうか?地方によっては、お葬式のあとですぐに納骨するというところもあるそうなんですが、そうなんでしょうか? 納骨のタイミングについて悩んでいる方もいらっしゃると聞きますので、参考になるかどうかはわかりませんが、うちの場合はどうしたのか?な >>納骨のタイミングについての詳細を確認する

父のお葬式は葬儀場でした

"私の父は7年前に亡くなりました。 父と母は亡くなる数年前に離婚していたので、そのとき大学生だった姉が喪主を務めました。 その時父が住んでいた家は借家だった事と、今でいう2DKくらいの広さしかない家だった為、狭くて葬儀は行えず葬儀場を借りてお葬式を行いました。 また父は生前にお葬式を行った葬儀場に毎月積み立てをしていた事もあり、その葬儀場にお願いしました。 父が亡くなってからすぐに父の兄弟に連絡を >>父のお葬式は葬儀場でしたの詳細を確認する

正月そうそう

" 私は父を4年ほど前に見送りました。  前の年から、介護老人施設が併設された病院にお世話になり、年末が近づいた頃病院から電話があり、覚悟をするように告げられました。  歳も歳ですし何度も入院をしているので、その度に覚悟はしましたが、何度も持ち直しその日を迎えました。  その年も雪が多く危ないと言われながらも、新しい年を迎えました。  年賀状もなんとか間際に書き終わり、私たち家族は元朝参りにも行き >>正月そうそうの詳細を確認する

千の風になって

"私はかつて、祖父母、曾祖母と一緒に住んでいました。 しかし20歳の頃に曾祖母が、その後に祖母、そして祖父と亡くなり、すでに三人の家族の死とお葬式を経験しました。 お葬式は地域によって行い方や行う場所に違いがあるようですが、私の家では三回とも通夜、葬儀ともに葬儀場で執り行いました。 特に一番印象的だったのは、曾祖母の葬儀のときのことです。 曾祖母は享年99歳で老衰と大往生でした。 なので、悲しいお >>千の風になっての詳細を確認する

13回忌を迎える父の葬式

" 今年は亡くなった父の13回忌です。90歳で、老衰気味で病院に入院していた父は、1ヶ月ほど入院していましたが、残念ながら他界しました。  入院し、お医者さんから回復の見込みは無いと聞かされており、心の準備や、実際に駄目になった時には、どこで葬式をするかなど、母親や兄弟で、事前に話し合いました。  都会では自宅での葬式はもう殆どなく、当然のように葬儀会館を持った葬儀社にお願いする事にし、当時最も実 >>13回忌を迎える父の葬式の詳細を確認する

田舎の葬儀

"父が亡くなった時、葬儀は自宅で行った。田舎だったのでそれはごく当たり前のことだった。法事や結婚式、葬儀などを催すためにほとんどの家に二間続きの和室があった。 親戚の人はもちろん近所の人や仕事関係の人でその続きの二間が黒い服を着た人で埋め尽くされた。 母は当時、姉には、予定のない嫁入りの為に喪服や留袖といった着物を何枚か用意していたので、姉はその喪服を早々と着用することになった。私もその時初めて喪 >>田舎の葬儀の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

「四十九日法要で納骨」が仏式では常識ですが、私の母の納骨はその2日前でした
"神道やキリスト教などのしきたりはわかりませんが、現在の日本でもっとも多い仏式で...

納骨は四十九日を過ぎてから
"最近、父方の祖母の一周忌を迎えた我が家では、納骨というものは、葬儀が終わってか...

納骨のタイミングについて
"ご家族が亡くなったときに、みなさんはどのようなタイミンクで納骨を行っていらっし...